オモイデノキロク



孔雀草(くじゃくそう)
オモイデノキロクを
またここに残そう


大地に根を張る茂みに
薄い花びらを広げるその様は
雄の孔雀が誇らしげに
我を誇示する様子に
見えるのかもしれないけれど

ほんの一枝二枝を
小さな瓶に生けたその花は
なんとも繊細で頼りなげで
微かに吹く風に揺れて
その薄い花びらを震わせるほど

優しい桃色に染まる
愛らしい花を眺めて
ふと紙に描き写して
留めておきたくなるこの時。




孔雀草(くじゃくそう)
スケッチ:2006.5.27
はがき紙
水彩色鉛筆
0.4mmペン(ブルー)

ホームページトップへホームページトップへ