いちご



日本画小作品『いちご供拜澗
※作品をクリックすると 部分拡大画像になります。 (別窓で開きます)

水干絵の具にやや荒めの方解末を混ぜて
下地を塗り、古代箔を貼って表面を
少し荒らし背景にしました。

装飾的な金の額縁に対して
画面は約3.5cm四方と小さいので、
一粒のいちごを画面いっぱいに描きました。
微妙に色味の違う赤系の絵の具を重ねて
熟したいちごの色合いを表現しました。

〜小作品〜
『いちご供
制作:2010年1月
●額(115×115mm)
雲肌麻紙
古代箔二号
岩絵の具・金泥


ホームページトップへホームページトップへ